動物

野生動物の狩猟の良い点と悪い点

狩猟はさまざまな理由で行われ、レクリエーションのために行う人もいれば、食べ物のために行う人もいます。 しかし、狩猟が環境に良いかどうかについては意見が分かれています。 狩猟は、世界中の人々の生活の一部となっています。 生き残るために、私たちの祖先は野生動物を狩らなければなりませんでした。 この記事のフォームを確認してください ボウ中毒 私たちの祖先が獲物を狩る方法。

今日の社会の多くの人々は、ストレスの多い日常生活からリラックスしてプラグを抜く趣味として狩猟を楽しんでいます. これが理由のXNUMXつです ルンデ スタジオ 創設者の銃に対する熱意と銃器の写真への愛情のおかげで、が作成されました。 世界中のすべての銃器愛好家のための豊富なオンライン リソース。

ブログと記事のコレクションは、銃のレビューのまとめと所有から安全上の注意事項、メンテナンス、および射撃スキルの強化に至るまで、役立つ情報を視聴者に提供します. この Web サイトは、今日のシューティング ゲームのライフ スタイルを維持するのに役立ち、野生生物を狩ることの長所と短所を理解するのにも役立ちます。

長所

出典:theguardian.com

法律による規制

野生生物の狩猟の利点の XNUMX つは、法律で規制されていることです。 テキサス州などのほとんどの州では、ライセンスを持っている場合にのみ狩猟が許可されています。 一般に、すべてのハンターが狩猟規則を遵守していることを確認するには、ライセンスが必要です。 これらの規則は、狩猟中の事故のリスクを最小限に抑えるのに役立ちます。 それらはまた、全体的な活動を安全にし、ハンターが乱獲したり、合法的に狩りをする場所に制限を課したりするために設置されています.

したがって、最初の狩猟の冒険を合法的にしたい場合は、狩猟免許を準備する必要があります. ただし、まだライセンスを取得していない場合は、ライセンス発行の要件としてハンター安全トレーニング コースを受講する必要がある場合があります。 のような多くのトレーニングプロバイダーがあります イアーントハント いくつかのクラスを受講して、狩猟教育を完了することができます。 探している場合は、オンラインで検索するか、ハンターの友人から紹介を得ることができます。

自然と一体になる

狩猟は、自然の中で時間を過ごす機会を提供します。 今日の社会は、全体として、非常に 自然から離れた. もちろん、大都市で生まれ育った人は、自然の中で過ごす時間はほとんどないでしょう。 あなたが良い人生を送っていても、人生の他の側面を探求することが不可欠です. さらに、自然の中での時間を含めてください。 狩猟遠征に行くと、魂とつながり、日常の活動からプラグを抜くことができます。

野生生物の個体数管理

狩りも役に立つ 動物の個体数を管理する、これは考慮すべき重要なポイントです。 特定の動物は、他の動物よりもはるかに速く繁殖することが多く、その結果、XNUMX つの動物種が優勢になる状況が生じます。 対照的に、他の種は十分な食物を見つけることができず、人口の大幅な減少を経験する可能性があります. そうは言っても、地域の生態系のバランスを維持するために、人口の点で過度に支配的になっている動物種を狩ることは理にかなっています.

動物の病気の蔓延を止める

狩猟はまた、バイオマスを保護し、病気の伝染などの要素を防ぐことにより、生態系を保護します。 食糧が不足している時、 動物の免疫システム 感染し、病気につながる可能性があります。 このような病気は、他の動物種に広がる可能性があり、深刻な脅威となっています。 その結果、病気になりやすい動物種を収穫することは、さまざまな個体群の保護に役立ちます。 ただし、特定の動物の病気は人間にも影響を与える可能性があり、そのようなシナリオを回避するために動物種を管理下に置く必要があることを意味します.

一部の収入源

地球上の多くの人々は狩猟を金銭的な追求というよりも娯楽として捉えていますが、南半球の多くの人々は収入の大部分を狩猟から得ています。 現実には、多くの人々が今でも狩猟に頼って生計を立て、生きていくのに十分な食料を確保しています。

短所

ソース: conversecountytourism.com

限られた狩猟スペース

すべての場所が新しいハンターを歓迎しているわけではないため、すぐに利用できる場所、多様な狩猟の機会に拡大しないと、狩猟は困難になる可能性があります. さらに、ほとんどの狩猟場は予約されているか、制限されているため、予備の狩猟スペースは複雑になる可能性があり、長い待機リストがあります. 良い狩猟場を見つけるのにさらに助けが必要な場合、またはその目的に適した銃やライフルが必要な場合は、必ずチェックしてください reviewster.com.

高価なベンチャー

あなたが初心者の場合、狩猟は高価な仕事になる可能性があります。 それは、素晴らしい狩猟体験を得るには、いくつかのツールと装備が必要だからです. たとえば、銃器、衣服、狩猟用具、その他の必需品を購入する必要があります。 また、狩猟免許を取得する前に、トレーニング コースの費用を支払う必要がある場合もあります。

これらの費用のために、野生生物の狩猟には費用がかかる可能性があります。 予算が限られている場合、すべての費用を支払うと、銀行口座が枯渇する可能性があります。 したがって、将来これを行う予定がある場合は、財政的な問題が発生しないように予算を設定してください.

乱獲のリスク

乱獲は、地球上の多くの国で深刻な問題になっています。 多くの種の個体数は、地元の法律による不十分な保護と違法な狩猟の増加により、過去 XNUMX 年間で大幅に減少しました。 男性は今日まで食料を求めて狩りを続けています。 増え続ける人口と環境へのニーズにより、人々はさらに活動に従事し、その結果、乱獲が行われています。 人間の継続的な人口増加は、食物に対する需要の増加をもたらし、一部の種の再生を困難にしています。 さらに悪いのは、大企業が大規模にそれを実行していることです。

ソース: opb.org

トロフィーハンティングの問題

トロフィーハンティング これは、特に地球上の多くの貧困地域で深刻な問題です。 象の鉄の仕事やサイの角などのトロフィーは、闇市場で大金を稼ぐことができます。 残念なことに、その結​​果、これらの動物の多くは、以前の角と牙だけが原因で死んでいます。 これは重大な問題であり、世界中の政府はこの種の狩猟を防止するためにあらゆる努力を払う必要があります。

絶滅危惧種について考える

狩猟に関するもう XNUMX つの問題は、絶滅危惧種の問題を悪化させる可能性があることです。 近年、多くの動物の個体数が減少しており、これまでのように狩猟を続けると、多くの種が絶滅の危機に瀕したり、絶滅したりすることさえあります。 したがって、これらの種を保護することが重要です。 どの種がすでに絶滅の危機に瀕しているかを知り、個体数を回復するためにそれらを狩るのを控えるべきです.

コミュニティの道徳と倫理に対する衝突

一部の多くの個人やグループは、食物のための狩猟は受け入れられないと信じており、反対しています。 したがって、道徳的な問題を見つけたり、倫理をめぐる良心の問題に苦しんだりする場合は、狩猟を好まないでください。

出典:salon.com

おわりに

野生生物の狩猟に関するルールと規制が確立されています。 それらは絶えず進化しています。つまり、すべてが正しく配置されており、ハンター、動物、およびそうするための予約された根拠に対して計算されたリスクが保証されています.

多くの人は、狩猟が体に良いのか疑問に思っています。 野生生物、応答は通常、質問者によって異なります。 狩猟は、正しく行われれば、さまざまな動物種の個体数を抑えるのに役立つため、生態系にとって有益です。 しかし、特定の動物種の過密は、食糧不足などの環境問題を引き起こす危険性があります。

狩猟のもうXNUMXつの利点は、保護を促進することです。 狩猟業は税収から収入を得ており、そのお金は公園の整備などに使われています。

これらの問題は、特定の既知の種の密度が減少した場合、逆転または解消される可能性があります。 これは、動物の個体数を望ましいレベルまで減らすために、狩猟による野生生物の管理が役立つ場所です。 これを行うために、野生生物管理組織は、生態系を野生生物の影響から保護するために講じることができる対策を決定するのに役立つデータを収集する必要があります。

地球と世界は、私たちの地球のさまざまな既知および未知の事実を見つけることができる場所です. このサイトは、世界に関連するものをカバーすることも目的としています。 本サイトは、知識と娯楽の目的で事実と情報を提供することに専念しています。

お問い合わせ

ご提案やご質問がございましたら、以下の詳細についてご連絡ください。 ご連絡をお待ちしております。

duleweboffice [at] opptrends.com

アマゾン開示

EarthNWorld.comは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 Amazon、Amazon ロゴ、AmazonSupply、および AmazonSupply ロゴは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

Copyright © 2023

トップに