ホーム

騒音レベルの考慮事項 ─ 邪魔にならない浴室換気扇の選び方

バスルームの備品を選ぶことは、人生で最高のことかもしれませんし、大きな間違いかもしれません。 確かなことは、機能的なバスルームを実現するには、建物と配置の基準に従ってすべての要素を適合させる努力をしなければならないということです。 もちろん、うまく行けば、部屋の湿気が多すぎたり、換気が不十分だったりといった問題に直面することはありません。

しかし、これらすべての要素をどのように取り入れながら、夢のバスルームのデザインを損なうことはありませんか? 何よりも、専門家と協力することは良いことです バスルームのデザイン バスルームの設備を最大限に活用するために。 次に、湿気除去システムとその特性を慎重に選択して、家の不要な騒音を避ける必要があります。

そこで、気をつけたいポイントをまとめてみました!

ソネスの評価

これは、ファンの音量の尺度です。 この数値が小さいほど、ファンは静かです。 ほとんどの場合、最も静かなファンのマークは 0.5 です。これは、ほとんど音を発しないことを意味します。 しかし、多くの研究によると、ノイズ耐性が低い人から中程度の人には 1.0 で十分です。

もちろん、誰もがバスルームの換気音に邪魔されているわけではありません。 しかし、家を本当に静かにしたい場合は、音にさらされないようにするため、Sones の評価を 0.5 以下にする必要があります。

CFM 評価

CFM は、浴室内の空気を循環させるファンの能力の尺度です。 経験則として、より強力なファンはバスルームに空気を循環させますが、騒音は大きくなります。

そのため、サウンドが重要な機能なのか、ファンの能力が部屋から湿気や空気を除去するのかを慎重に検討する必要があります。

適切なファンのタイプを選択してください

ソース: martecaustralia.com.au

ほとんどのファンは遠心または軸流です。 最初のタイプは空気を円運動で動かし、もう一方は直線で動かします。 多くの場合、遠心式はより高価で騒音が大きくなりますが、軸方向よりもはるかに効率的であることを強調する必要があります。

もちろん、例外もあります。特に最新の技術では、円運動を十分に静かにしてファンの効率を最大化し、それでも耐え難い騒音を発生させません。

ソーンあたりの効率

実践では、多かれ少なかれ干渉するファンの容量と音の理想的な組み合わせはほとんどないことが示されています。 それどころか、バスルームに必要なものが何であるかに応じて、特定の妥協をしなければならない場合があります。

例えば、ソネスやファンの力だけで考えるのではなく、より高い視点で物事を考えてみてください。 なんとかなれば 要件を満たすデバイスを見つける、それなら買う価値があります。

もちろん、選択はバスルームのサイズと、どこかに自然な換気源があるかどうかによっても異なります。 バスルームに小さな窓がある場合は、非常に強力なファンが必要ない場合があります。つまり、ノイズの少ないものを選択できます。

もちろん、メーカーはさまざまな技術を使用しているため、物事はそれほど単純ではありません. だからこそ、これらの数字を超えて考え、バスルームのスペースを考慮する必要があります. そうして初めて、正しい決定を下すことができます。

考慮すべきその他の重要な要素

ソース:dezeen.com

これまでのところ、他の機能を考慮せずに、ファンのみに関連する要因をリストしました。 したがって、次のことにさらに焦点を当てます。

  • バスルームのサイズ ─ バスルームにはさまざまな種類があり、特にサイズが異なります。 だからこそ、ファン選びの決め手になるはずです。
  • 扇風機のサイズ─これは非常に重要な側面です ファンを選ぶ それは多くのノイズを発生させません。 大ファンは多くの場合、最適化され、より高度な要素を使用します。すべての余地があるからです。 そのため、大きなファンは、単純な技術に基づく小さなファンよりも静かになることがあります。
  • 設置方法 ─ ファンの設置場所によって音が大きくなったり小さくなったりするので、これも興味深い要素です。 部屋につながっている壁に置くと、より多くの音が聞こえます。 逆に天井に置くと全く音が出ないことがあります。
  • 付属品 ─ 一部の扇風機には付属品がたくさん付いています。 場合によっては、自動スイッチオン、加熱制御、または照明システム用の湿度センサーです。 場合によっては、追加機能が大きな音の要因になることがあります。

確かに、バスルームの騒音に影響を与える要因はたくさんありますが、適切なバランスを見つける必要があります。 物事が完全にうまくいき、ファンに問題がない場合もありますが、自宅で静かで静かな生活を送るために、音響効果を管理する最適な方法を見つける必要がある場合があります。

良いタイルとバスルームのドア

出典:住宅.com

この要因は、家で聞こえる音の量に大きく影響します。 あなたが持っている場合 良いバスルームのドア 適切なタイルを使用することで、技術的に部屋を防音することができます。 また、バスルームのファンの位置を戦略的に選択する必要があります。

十分気をつける!

ファンを取り付けるときは、既存の取り付けに注意を払う必要がありますが、ファンからできるだけ離す必要があります。 シャワーまたはバスタブ できるだけ。 このようなソリューションを使用する場合は、湿気の多い環境での使用が認定されているファン モデルを選択してください。

まとめ

以上のことから、正しい選択ができるはずです。 プロのプロジェクト リーダーは、要件に応じてこれらすべてを管理できるため、自分で課題に対処する必要はありません。 時間をかけて、浴室のファンの設置を適切に計画してください。

それがファンの騒音を避ける唯一の方法です。 また、これらの管理方法に関する追加のヒントがあれば、いつでも共有できます。

地球と世界は、私たちの地球のさまざまな既知および未知の事実を見つけることができる場所です. このサイトは、世界に関連するものをカバーすることも目的としています。 本サイトは、知識と娯楽の目的で事実と情報を提供することに専念しています。

お問い合わせ

ご提案やご質問がございましたら、以下の詳細についてご連絡ください。 ご連絡をお待ちしております。

マークフォトログ [at] gmail.com

アマゾン開示

EarthNWorld.comは、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 Amazon、Amazon ロゴ、AmazonSupply、および AmazonSupply ロゴは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

トップに